メソテースな珈琲「葦島ブレンド」

 

当店の主力ブレンドである葦島ブレンドについて。

 

葦島ブレンドを創造(想像)するにあたり、ある言葉が浮かびました。

 

メソテース(中庸)です。

 

すなわち、味のバランスがよく、かつ多くの方が飲みやすいと感じることのできる、中道な珈琲。

 

けっして奇をてらうのではなく、あくまでベーシック。

 

それでいて懐かしさと新しさの併存。

 

ブレンド珈琲がブレンドであることの意義から解きほぐし、再構築した結果の珈琲です。

 

当店の淹れ方が独特と言われるのも、この葦島ブレンドを試行錯誤の末、完成させるに至る過程の中で生まれた副産物とも言えます。

 

目指す珈琲の趣旨がまずあり、次に目指す味があって、その上で豆の選定、焙煎の方法、度合、挽き方、淹れ方が決まっていきました。

 

そのどの過程においても織り込む趣旨がすなわちメソテースでした。

 

このような事を述べるとなんだか堅苦しい珈琲に思われるかもしれません。

 

しかし、無から積み上げた論理の果てに立ち現れる味が、結果的に、理屈抜きで美味しいと感じて頂けるような、五官で素直に飲みやすいと感じて頂けるような、そんな珈琲ができればと想いを込めました。

 

どうか当店の葦島ブレンドを理屈抜きで楽しんで頂ければ幸いです。

 

店主