3月の雪

一昨日、京都は雪が降りましたね。

この年度末の時期に雪ですか。

過去にも3月の雪を見たことはあります。

思い出すのは会社員時代にある後輩が突然会社を辞めると言い、3月末で退職していった彼を見送るときに、やはり3月の雪が舞っていたことです。

多くの期待を背負い、将来を嘱望されていた男。

自分の夢を追うために約束されたコースをあえて捨て去り、いばらの道を選んだのはなぜだったのか?

退職すると決めた人間というものは、得てしてその後気が緩み、手抜きをしがちなものです。

しかし、彼はそのようなことはなく、最後の最後まできっちりと仕事を仕上げ、引継ぎのための資料も完璧に作り、あとをにごすことなく、颯爽と去っていきました。

信頼できる人間とはこういうものなのか。仕事のできる人間とはこうなのかと感服した記憶があります。

その彼を、季節はずれの雪が、祝福するかのように、名残惜しむかのように、真っ白に覆いました。

また、あいつと一緒に仕事がしたい。

そんな風に思える男でした。

今、どこで何をしているのか。

3月の雪を見ると思い出します。

店主