直球の男

会社員時代に出会った男の話。

常に直球勝負。正攻法のみ。

大丈夫だろうか?としばしば心配になることもあったが、不思議と結果を出す。

老獪な人からすると、ともすれば稚拙とも、拙速とも思えるような方法をとる。

あえてそうしているのか?天然なのか?

直球勝負だから変化球を使わない。変化球を投げられないのではない、投げないのだ。

ある時、ふと気づいた。

周りが変化球投手ばかりだから成功するのだ。

権謀術数の連中ばかりだから、正攻法の動きが読めない。

なるほどと思った。

変化球を投げられないのではない、投げない勇気なのだろう。

直球勝負。

良い言葉ですね。

店主