たまにはゆるりとした感じで

最近ちょっとカタい感じの文章なのでたまにはゆるく、推敲しないでブログを書いてみます。

時々、当店は珈琲専門店なのですか?喫茶なのですか?と聞かれます。

答えはですが、どっちでも良いと思ってます。

まあ、あえて言うなら、珈琲専門店みたいな、珈琲専門店を包含した喫茶店でしょうか?

珈琲については確かに専門店としてのプライドがあります。

ただし、うちには、紅茶もあればジュースもあって、ちょっと変わったビールも置いてます。

実はそれぞれに思い入れがあって、少しばかり気合いも入ってます。

でも肩の力はなんとなく抜いている感じです。

なんとなくですが。

昔からそうなのですが、気合いを入れるのは好きですが、肩の力は常に抜いていたい、結局はどことなくユルい感じが好きです。

なので、あえて喫茶店にしたのも、なんとなく拘りを前面に出さない、力がどことなくぬけた感じが良かったからですね。

そんなわけで、うちには乳児のお客様から100歳に近いお客様まで幅広い感じでご来店頂いてます。

これからも、ずっとこんな感じでいきたいと思うこの頃です。

店主