教科書を疑え

「教科書を疑え」

この言葉は私が敬愛する恩師(故人)の言葉です。

その意味するところは色々とあります。

権威や、先入観、根拠の乏しい慣例など、真実ではないものに判断を狂わされることはあると思います。

学生時代はもちろん、社会人となってからも、仕事上の判断で迷った時、しばしばこの言葉に助けられたことがあります。

根拠が定かでないのに常識のように思われていること。

珈琲の世界にも、そのようなものはあります。

開業前に多くの「自家焙煎珈琲の教科書」といわれるものを読みました。

焙煎の方法、豆の保存方法、抽出の方法、などをそれぞれの著者なりの解釈で書かれたものですが、確かに参考にはなりました。

しかし、今となっては、まずは自分の手で確かめる、自分の目で、舌で判断していくことの大切さを実感しています。

時には基本すらも疑うこと。これが重要なのではないかと思います。

迷った時には基本に立ち返る、そして一旦はその基本すら考え直す。

なかなか難しいですけど。

店主

Advertisements