自家焙煎の理由

喫茶葦島の珈琲は当店で焙煎しています。

 

自家焙煎を選んだ理由はいたってシンプルで、生豆は農産物ですから、それぞれの生豆の状態に合わせて焙煎するのがよかろうと思いますし、その焙煎度合いを自分できちんと責任をもってコントロールしようと考えているからです。

 

最終的にお客様のお口に合うか否か、その責任をきちんと果たしていきたいという想いです。

 

また、お客様のニーズに応えるためには、できる限り手作りに近い焙煎を可能とする焙煎機が必要と考えました。

当店の焙煎機は決して大型ではありませんが、シンプルな構造をしていて、どちらかと言えばアナログな焙煎機です。

 

このアナログな焙煎機で毎日、毎朝決まった時間に、丁寧に焙煎をしています。

 

アナログな自家焙煎ならではの味をご堪能頂ければと思います。

 

店主

Advertisements

品質経営

 

当店の経営理念の一つに品質経営という考えがあります。

 

すなわち、お客様に提供する珈琲をはじめ、すべての飲食物について良質な原料を使用し、清潔な環境のもと、原料の良さを活かし、丁寧に調理することと考えています。

 

珈琲について言えば、新鮮な生豆を仕入れ、丁寧に焙煎し、焙煎後の保管にも心を尽くして、適切なタイミングで提供することを心がけています。

 

また、当店にはブレンド珈琲が3種類ありますが、全て注文を受けてからその都度ブレンドします。

 

その理由はブレンド珈琲の味をできる限り安定させるためです。

 

例えば葦島ブレンドについて言えば、焙煎度の異なる5種類の豆を割合を変えて混合しますので、事前に大量混合ということはできないのですね。大量に混合してしまいますと一杯毎の味が安定しなくなりますから。

 

これも当店が目指している「葦島ブレンド」の味にブレが生じることをできる限り防ぐための重要な考えであり、オペレーションです。傍目からは面倒なことをしていると思われるかもしれませんし、確かに時間はかかります。

 

しかし、ブレンド珈琲がブレンド珈琲たる意味を真摯に考えれば、そこは妥協できないところなんです。

 

たとえ地味でも、面倒でも、できる限りのことをきちんと丁寧にしていきたいと考えています。

 

店主

時間を紡ぐ珈琲

お陰さまで当店は3年目を迎えました。

 

これまで多くの方にご来店頂き、心より感謝しております。

 

そもそも何故この場所で、このような空間を作り、時間を要してでも一杯ずつ煎り豆を挽いてドリップしているのかについてはそれなりの理由といいますか、想いがあります。

 

思うに、珈琲とは時間を紡いでくれる豊かな嗜好品と考えています。

 

時間を紡ぐとは、日常生活で絡み合った思考や、進めている物事、わだかまりなどを、一度立ち止まって、自ら整理整頓することと考えます。

 

一杯の珈琲をゆったりと静謐な空間の中で嗜む時間が、その後に連続していく日常生活を豊かにすることができれば、と常々想っています。

 

そんな想いを込めて喫茶葦島を創りました。

 

どうか、皆様の大切な時間を、当店の清浄な空気の中で、ゆったりと紡いで頂ければ幸いです。

 

店主

最大よりも最良を

「最大たるより最良たれ」

 

ある経営者の言葉です。

 

創業以来百年以上続く企業の経営者の言葉だけに今でもずしりと心に残っています。

 

企業にしろ、個人経営の店にしろ、最も大切なのは理念に他ならないと思います。

 

そしてその理念が、良い悪いに関係なくその企業や店の日々の行動を左右します。

 

そうだとすれば理念自体がない者はどうなるのでしょうか。

 

一時の繁栄を築けたとしても顧客や社会に受け入れられなければいずれ消えていくのではないでしょうか。

 

先の企業は、バブル時代において同業他社が不動産投資やマネーゲームに手をつける中、逆に本業に徹することでその後の崩壊による影響を最小限に抑えました。

 

その時のトップの言葉の一つ、「最大たるより最良たれ」がまさに活かされたのです。

 

また逆に、ITバブル時代に最大規模を目指して時代の寵児とされた企業の末路は悲しいものでした。

 

理念ある経営とは、暗くて先の見えない道筋を照らす光のようなものと思います。

 

それは良いものであれば正しい方向を照らし、悪いものであれば誤った方向を照らすものでしょう。

 

「大きいことはいいことだ」という昔のキャッチコピーがありましたが、これはアンチテーゼに過ぎず、「スモールイズビューティフル」を正しいと思いたい。

 

過不足のない理念が永くその存在を支えていくと考えてます。

 

当店の珈琲もそうでありたいと、まだまだですが、願います。

 

店主

 

 

年頭

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

これからもご来店いただくお客様に心からお寛ぎ頂けるよう、店主・スタッフ一同、心を尽くしていく所存です。

当店が喫茶葦島という屋号に込めた想いは、老若男女全ての方々に、都会の喧噪を一時でも忘れることができるようなオアシスを提供したいという理念によるものです。

今後もこの想いを大切にして精進してまいります。

なお、誠に勝手ながら、1月9日(月)〜11日(水)は正月休業とさせて頂きます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

店主

喫茶葦島、店名の由来

喫茶葦島の屋号についてですが、

決して人の名前ではありません。

”葦島”は日本神話において、日本の国土を指す葦原中つ国( あしはらのなかつくに)豊葦原瑞穂国(とよあしはらのみずほのくに)に由来しています。

 

豊葦原は神々の住む天上世界である高天原と対比して、人間の住む日本の国土を指すと考えられ、豊かに葦が生い茂る土地の意を表していて、いわば日本の美称です。

 

悠久の歴史を有する我が国、その古都京都で、新しくも懐かしさを感じることのできる、

日本の新たな伝統となるべき喫茶を創ることができれば、と考えております。

 

店主

全席禁煙の理由

 

当店は全席禁煙です。

喫茶店なのに禁煙というのも愛煙家の方には申し訳ないのですが、やはり、挽きたての香りを楽しんで頂きたいという想いを優先することにしました。

当店のインテリアはそのほとんどが自然素材で構成され、清浄な空気感を大切にした空間作りを心がけています。

そのような空間でシンプルに珈琲を楽しんで頂きたいと思っています。

時間を紡ぐ珈琲、これが当店の目指す珈琲観であり、喫茶葦島設立の趣旨です。

すなわち空間を含めた全てのサービスを充実させることで、皆様の大切な時間をゆったりと紡いで頂きたいと思っております。

実は、斯く言う私も愛煙家の一人です。

しかし、当店の空間が完成した時、その空気感を確認し、躊躇なく禁煙を決断できました。

今は、たまの休日に嗜む煙草の美味しさを再認識しております。

店主