呼吸するインテリア

 

当店のインテリアはそのほとんどが自然素材で構成されています。

 

床、カウンター、カウンター椅子、テーブル席などは全て無垢の木材ですし、カウンター椅子の座面&背もたれは天然国産葦、障子は和紙、煉瓦、などなど。

 

自然素材を使用していることで何が違うかといえば、第一に店内の空気が違うと言えます。

 

今もなんとも言えない清浄な空気が漂っています。

 

お客様がよく、店内に入った瞬間からなにか甘くて優しい匂いというか空気を感じると仰ります。

 

おそらく店内を構成するこれらの自然素材によるものだと思われます。

 

私自身、昔から鼻炎で春は喉や鼻の奥が痛むことがあるのですが、今年は不思議と快適でした。

 

 

居るだけで癒されるインテリアかもしれません。

 

どうか、当店の優しい空気の中で、ゆったりと珈琲をお楽しみ頂ければと思います。

 

店主

Advertisements

メソテースな珈琲「葦島ブレンド」

 

当店の主力ブレンドである葦島ブレンドについて。

 

葦島ブレンドを創造(想像)するにあたり、ある言葉が浮かびました。

 

メソテース(中庸)です。

 

すなわち、味のバランスがよく、かつ多くの方が飲みやすいと感じることのできる、中道な珈琲。

 

けっして奇をてらうのではなく、あくまでベーシック。

 

それでいて懐かしさと新しさの併存。

 

ブレンド珈琲がブレンドであることの意義から解きほぐし、再構築した結果の珈琲です。

 

当店の淹れ方が独特と言われるのも、この葦島ブレンドを試行錯誤の末、完成させるに至る過程の中で生まれた副産物とも言えます。

 

目指す珈琲の趣旨がまずあり、次に目指す味があって、その上で豆の選定、焙煎の方法、度合、挽き方、淹れ方が決まっていきました。

 

そのどの過程においても織り込む趣旨がすなわちメソテースでした。

 

このような事を述べるとなんだか堅苦しい珈琲に思われるかもしれません。

 

しかし、無から積み上げた論理の果てに立ち現れる味が、結果的に、理屈抜きで美味しいと感じて頂けるような、五官で素直に飲みやすいと感じて頂けるような、そんな珈琲ができればと想いを込めました。

 

どうか当店の葦島ブレンドを理屈抜きで楽しんで頂ければ幸いです。

 

店主

全席禁煙の理由

 

当店は全席禁煙です。

喫茶店なのに禁煙というのも愛煙家の方には申し訳ないのですが、やはり、挽きたての香りを楽しんで頂きたいという想いを優先することにしました。

当店のインテリアはそのほとんどが自然素材で構成され、清浄な空気感を大切にした空間作りを心がけています。

そのような空間でシンプルに珈琲を楽しんで頂きたいと思っています。

時間を紡ぐ珈琲、これが当店の目指す珈琲観であり、喫茶葦島設立の趣旨です。

すなわち空間を含めた全てのサービスを充実させることで、皆様の大切な時間をゆったりと紡いで頂きたいと思っております。

実は、斯く言う私も愛煙家の一人です。

しかし、当店の空間が完成した時、その空気感を確認し、躊躇なく禁煙を決断できました。

今は、たまの休日に嗜む煙草の美味しさを再認識しております。

店主