珈琲に寄せて

珈琲は嗜好品ですので生活に必要不可欠なものではありません。

でも、どうして毎日飲みたくなるのか、ふと考えます。

私の場合、珈琲を飲む時間は、ただ飲むという行為をするためだけでなく、それまでに連続していた時間をいったん止めて、飲み終えてから再度続いていく時間を新たに創出していくためのものと考えてます。

すなわち、軽くリセットをしながら、日常を快適に過ごしていくための手軽な方法です。

珈琲タイムまでをとりあえずの目標にして、事を進める、熟孝する、時間を駆け抜ける。

ささやかだけど、楽しい小さな目標があると生活にメリハリができます。

毎日充実した時間を紡ぐための珈琲を目指します。

店主

Advertisements